MEO(Map Engine Optimization)対策とは?

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で、「マップエンジン最適化」「ローカルSEO」などとも呼ばれます。Google検索の順位を決める検索エンジンがあるように、Googleマップにも順位を決めるマップのエンジンがあります。このGoogleマップのエンジンに最適化するのがMEO対策です。

そして、Googleマップでお店のページを上位に表示するために行う施策のことをいいます。

例えば、Google検索で「渋谷 居酒屋」や「新宿 ホテル」などのように、「地域名+業態・サービス」のキーワードで検索をした際に、検索結果の1ページ目上部にGoogleマップが掲載されているエリアがあると思います。これはローカルパックとも呼ばれていますが、2019年4月現在、Google検索結果のGoogleマップ専用枠はこのように表示されています。


PC表示
スマホ表示

現在、検索結果に表示されるGoogleマップ専用枠は、検索結果の上位3店舗のみが表示される仕様になっています。ここに表示することで多くの人の注目を集めることができます。ただしこれは、数多くの店舗が競合している中で、上位3店舗しか表示がなされないということなのです。

つまりMEO対策とは、このGoogleマップ専用枠の3位以内に、特定の店舗を表示させるために最適化を図っていくことを指します。Googleマップ専用枠の3位以内に表示することで、同じエリアの競合店舗への流入を抑えながら、自店舗への集客を促すことができるのです。やり方としてはSEOと同じように、GoogleMapのエンジンに最適化をします。

これまで様々なWEB集客の対策をしてきたけれども、費用がかかるばかりでなかなか効果を実感することができなかった、という経験をお持ちの方もいるかと思います。そんな方こそ、行うべきなのがMEO対策です。MEO対策はリスティング広告を出稿するよりも、SEO対策に時間と費用を費やすよりも、はるかに費用対効果のいい施策です。ぜひ、MEO対策をすることをおすすめいたします。以下に、MEO対策のやり方を紹介していきます。

MEO対策が重要な理由

検索結果で目立つ

マップ専用枠の部分は、検索結果で目立つ位置にあります。検索結果では、一番上にはリスティング広告が表示されるエリアがあり、次にマップ専用枠が表示され、その下に自然検索の結果が表示されます。つまり、以下のような順になっているのです。

  • リスティング広告

  • Googleマップ表示エリア

  • 自然検索結果

SEOを行い自然検索結果で順位を上げるのは、競合も多いので難しいですが、MEOであればそこまで競合もいないので比較的難易度が低いです。にもかかわらず、SEOで上位表示するよりも目立つことができるのです。

検索結果で目立つこのエリアに表示できるMEO対策はとても重要なのです。

GoogleはローカルSEOを重視している

GoogleはローカルSEOを重視しています。というのも、2014年には「ヴェニスアップデート」を行い、ユーザーのいる場所によって異なる検索結果を表示する、というアルゴリズムの変更を行いました。

例えば、札幌にいるときに「居酒屋」とスマホで検索したとします。そのときに、自分のいる周辺の居酒屋の候補を紹介してくれるという変更なのです。札幌にいるのにも関わらず、東京のお店を紹介するということがなくなったのです。そしてこのアップデートにより、Googleマップ専用枠が上部に表示されるようになったのです。

Googleは位置情報に即した検索結果を表示する、ということをGoogleは重視しているのですね。

また、Googleは自動運転車の事業を行っていることからも、マップ事業に特に力を入れていることがわかります。マップ情報が網羅されていれば、自動運転で行きたいところに行けるからです。例えば、Googleの自動運転車に「新宿駅まで行って」といえば、マップの情報をもとに移動ができます。

GoogleがテレビCMで頻繁にGoolgeマップの紹介をしていることからも、Googleマップに力を入れていることがわかります。

\MEO対策の無料相談はこちら。全国対応/

混みあっている場合にはおかけ直しください。

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

 

MEO対策のメリット6つ

MEO対策をなぜ行うべきなのか、MEO対策を行うことの6つのメリットを解説していきます。

メリット1.集客に直結しやすい

上でも解説をしましたが、MEO対策は「渋谷 居酒屋」や「新宿 ホテル」などの、「地名+目的」のキーワードでのGoogleマップ専用枠における上位表示を目指すことです。

検索結果の上部のマップ部分に表示されることで、ボリュームがある検索において表示することができます。それによって、多くの人を集客することができるのです。

また、これらのキーワードは目的が決まっているユーザーなので、集客しやすいということがいえます。Googleの検索で、「居酒屋」や「ホテル」などのキーワード単体で検索をするユーザーは、居酒屋チェーンの一覧を探していたり、ホテルのサービスにどんなものがあるのなどを調べていたりと、ユーザーによって知りたい内容にばらつきがありその目的は不明瞭です。

しかし、「地域名+業態・サービス」のようなキーワードで検索をするユーザーは、「渋谷の居酒屋を探している」「新宿のビジネスホテルを検索したい」など、目的がはっきりとしています。現地に足を運ぶことを前提として検索をしており、どの店舗に行くのかを検討しているため、ユーザーは意欲がかなり高いのです。

MEO対策では、このように目的が定まった意欲の高いユーザーに対しアプローチを行なうことで、非常に高い集客効果が見込まれます。

メリット2.クリック率が高い

2018年8月現在、Googleマップ専用枠は自然検索結果よりも上に表示される仕様となっています。これまで多くの時間と費用を費やしてSEO対策を実施して上位に表示されているサイトよりも、さらに上位に表示をすることができる、つまりクリック率が高いということがいえます。

Googleマップ専用枠は、周辺地図とともに3つの店舗名が並び、さらにその3店舗はマップ上にマークされた状態で表示されます。検索結果上でより目立つように表示がされているため、ユーザーのクリックを促しやすいのです。これはパソコンでの検索だけでなく、スマートフォン上でも同様です。

Google検索結果で1位にあるサイトのクリック率は21.12%(※1)と言われています。つまりMEO対策により、Googleマップで上位表示すれば、21%以上の確率でクリックしてもらえる可能性があるのです!

それでも「リスティング広告よりは下の表示ではないか?」とお思いの方もいると思いますが、実は近年リスティング広告のクリック率(CTR)は徐々に下落してきているため、Googleマップ専用枠のクリック率のほうが高くなっています。これは、多くの人がリスティングの位置にあるものは広告であると認識したからといわれています。あなたも検索したときにリスティング広告の部分は見ないで、検索結果のみを見ていませんか?

さらにGoogleの検索結果では、現在位置を反映した検索結果が表示されます。マップ専用枠にも自分のいる位置から近い店舗が表示されます。ユーザーは自分に近い位置にあるお店を見つけられるので、MEO対策ではクリック率が高くなるのです。

メリット3.スマートフォンユーザーを集客

MEO対策を実施後、Googleマップ専用枠に店舗情報が上位表示されることで、特にスマートフォンユーザーを集客できます。

スマートフォンはパソコンよりも画面が小さいので、検索画面で一番初めに目に入る部分(ファーストビュー)にマップが画面いっぱい表示されます。それによってスマホではマップに載った店舗がタップされやすいのです。

また、スマートフォンだからこそ利用できる機能もたくさんついています。例えば、検索結果のマップ部分には電話ボタンが表示されるので、タップひとつで予約の電話をかけることができますし、
Googleマップにも連動することができるので、今いる現在地から店舗までの経路情報も簡単に検索することができます。

このようにマイビジネスでは、ユーザーの手間を省いた状態で、タップ1つで行動を起こせる仕様となっているので、予約や問い合わせ、来店のアクションを増やすことができるのです。スマートフォンを利用するユーザーを集客できる可能性が高いことがメリットといえるのです。

メリット4.豊富な機能を利用できる

MEO対策でGoogleマイビジネスへ登録を完了すれば、Googleストリートビュー(屋内版)の導入が可能になります。自分の施設の屋内をストリートビューで撮影し、360°のパノラマ画像を自分の店舗ページに表示することができます。

このメディアを運営している私たちフリースクエアは、Google認定フォトグラファーの資格を持っておりパノラマ写真の撮影をしております。ご依頼は、お問い合わせフォームから承っております。お気軽にお問合わせください。

その他にも、Googleマイビジネスにある「投稿」機能を活用すれば、Googleマイビジネスの店舗ページでブログのように最新の情報を発信、更新することができるというメリットがあります。

それだけでなく、ユーザーの口コミに返信をすることができるので、お客様とのコミュニケーションにも利用できるのです。WEBサイトやFacebookやTwitterをやらなくてもお客様に情報を届けることができるのです。

このように、MEO対策によってGoogleマイビジネスの豊富な機能を利用することができ、集客につなげることができるのです。

メリット5.競合が少ない

MEO対策は店舗にまだまだ浸透していないのが現状です。MEO対策を行っている店舗や企業は少なく、「地域+目的」のキーワードで上位表示しやすい状態にあります。競合企業が露出していないところで表示ができるので、競合からシェアを獲得することができるのです。

さらに、クーポンを配ったり、予約ページへのボタンも設置でき、他社が出していない情報をいち早く提供することで顧客を獲得することができます。MEO対策をしてGoogleマップ専用枠に表示されると、早く表示されたものがある程度上位に来やすいこともあります。要は早いもの勝ちでもあるので、MEO対策はなるべく早く行うのがおすすめです。

メリット6.コストがかからない

MEO対策は、Googleマイビジネスの情報を最適化する施策です。WEBサイトをイチから作るのと違い、工数を抑えることができます。

MEO業界における単価は比較的低価格です。というのも、MEO対策の支払いは成果報酬であることが多く、上位表示した場合にのみ日額900円程度で施策を行うことができます。

上位表示をしなければ支払いがないので、個人経営の方や広告費の予算があまりとれないという企業の方にも人気です。そしてコストの割に集客につながり、コストパフォーマンスがいいこともメリットです。

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。