オーナーインタビュー

Q1

独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

スマホ人口の増加が示す潜在ニーズにも注目
自らの経験とスキルを活かして独立を果たす

一生懸命、仕事をして、喜びや充足感が同じならば、
独立していようが、雇用されていようが関係ない。
だとしたら自分の裁量で挑戦できるほうが、きっと面白いし手ごたえもある。
そんな思いが独立を決めた最大の理由です。
とはいえ、知らない業界に挑戦するリスクは怖かった。
できるだけ成功の確率を上げるために、持っているスキルの延長線上での勝負を選択、
以前の職場で携わっていたスマホ修理を新たな道としたんです。
街を見渡せば、ほとんどの人がスマホですよね。
その数だけ、修理のニーズやお悩みは存在するわけです。
この先スマホが無くなることは考えにくく、むしろユーザーはますます増える一方。
市場としての将来性にも期待しました。

Q2

どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

販促活動・集客にいっさいの不安なし!
ネット広告に強い本部が強力にサポート

開業初月は、広告・集客活動に集中、
2か月目の来店客数3ケタ超という結果につながりました。
それ以降も毎月90~120人をキープして、ビジネスとしては安定していますね。

集客のほとんどは本部主導のインターネット広告経由です。
非常にネットに精通していて、開店の時もしっかりとSEO対策や広告掲載をしてくれました。
その結果、キーワード検索では上位にランクイン。
たくさんのお客様がおいでになりオープン時の勢いがつきましたね。
また、競合のHPも良く研究されていて
「あちらの店がこうなら、ウチはこういう戦略でいこう」と
積極的にコンテンツをチューニングしています。
トレンドも踏まえたアピールのテクニックは見習いたいですね。

当初、開業に反対意見もありました。しかし、24時間で出張型のスマホ修理の店があることを知らない方も比較的多いのには驚きました。知名度を上げるためにもこれからもがんばらないと!

Q3

仕事の魅力・やりがいについて教えてください

生み出した時間が、新たな利益のきっかけに
小さなテーブルを拠点にビジネスは広がる

安定した売上と共に得たのは「自由に使える時間」です。
スマホ修理は、バッテリー交換が5分、ガラスの修理に30分、
長いものでも水没したスマホの修理に2時間です。
私の場合は一日に4件ほど修理をすれば商売として成り立つので、
営業時間10時間の内、作業するのは大体2~3時間ほどの時も。
時給として換算すると、利益率はとても高いといえます。
また、スマホを分解できる程度の作業スペースがあれば
商売ができるコンパクトさもいいですよね。
空いた時間を活用して、実はパーソナルジムの経営もしています。
そちらはオーナー業なのでメールや報告のチェックを受けるのが主な仕事。
スマホ修理にはなんの影響もないので両立できています。

私の ON・OFF

以前よりも毎月の収益はアップ!
金銭的な余裕が結婚と転居につながった

雇われることのストレスから開放。また、単純にお金が入るようになったのが大きな変化です。そのおかげで結婚もしましたし、ずっと住みたかった場所にも引越せました。今はお店を任せられる社員も増え、ほとんど働きづめだった開業時よりも時間に余裕ができてきました。

独立のキーワード

  • 一生続けられる仕事

  • 広報PR方法

  • 自分のために時間を使える

PROFILE

T・D 様
大手総合情報サービス会社 勤務
40歳
奥様 お子様3人